女性

甲状腺の病気に狙われる前に押さえておきたいポイント

胆管に発生する癌とは

病棟

胆管の役割は、肝臓から十二指腸に対して胆汁を送るものです。しかし、胆管に腫瘍として胆管がんが発生すると、機能不全に陥ってしまいます。胆管がん代表的の症状として黄疸が挙げられ、皮膚や白目が黄色くなるようです。治療法には手術や放射線治療、化学療法がありますが、どの方法を採るかは進行の度合いや患者の体調によって変動します。

もっと見る

自宅で受ける医療サービス

カウンセリング

在宅医療のサービスは多様化しており、世田谷区でも多岐にわたる医療ケアを自宅で受けることが出来るようになっています。また、複数の医療サービスを組み合わせて受ける事も可能なため、個々の状態に合わせた在宅医療を受けることが必要です。

もっと見る

飲酒習慣を見直すこと

男性

平野区の病院ではアルコール依存症を未然に防ぐ取り組みに力を入れています。診察では医師による診察のほか血液検査や厚生労働省が作成したアルコール依存症チェックなども受けることができます。日常的に飲酒をする方はお酒とうまく付き合えるように定期的に平野区の病院で検査を受けるようにしましょう。

もっと見る

重要な器官

医者

ホルモンバランス

甲状腺の病気を言われてもどんな病気なのか、直ぐに思いつく方は少ないのではないでしょうか。甲状腺は首の前側、のど仏の下にあり蝶々の様な形をした器官で普段の食事に含まれているヨウ素を使用して、甲状腺ホルモンを作っています。甲状腺ホルモンは体内の新陳代謝を活発にする働きがあり、私達の生活には欠かせない要素となります。過度のストレスや不規則な生活習慣等で、この甲状腺ホルモンの分泌バランスが崩れる事で甲状腺の病気を発症してしまいます。但し甲状腺の病気はきちんとした治療法が確立されており甲状腺ホルモンの分泌バランスによって治療法も変わって来ますが、簡単な血液検査で判別する事が出来ますので大きな大学病院等に行かれる事をお薦めします。

確立された治療法

甲状腺の病気は、甲状腺ホルモンの分泌が多い場合に発症する甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、逆に甲状腺ホルモンの分泌が少ない場合に発症する甲状腺機能低下症(橋本病)と大きく2つの種類に分ける事が出来ます。どちらの場合にも全身の倦怠感や疲労感、甲状腺が腫れる等の共通の症状がありますが、簡単に例えると風邪の引き始めの様なだるさが長期間に渡って続いた場合には甲状腺の病気を疑って受診して下さい。甲状腺の病気の基本的な治療法は、ホルモン剤等の服薬による長期投薬治療、外科手術による甲状腺切除治療、アイソトープによる放射線治療と大きく3つに分けられますが、どの治療法にも一長一短がありますので、治療時にご自身の健康状態に合わせて選択する事が大切です。