飲酒習慣を見直すこと|甲状腺の病気に狙われる前に押さえておきたいポイント
病棟

甲状腺の病気に狙われる前に押さえておきたいポイント

飲酒習慣を見直すこと

男性

お酒の飲みすぎは危険

仕事上の接待や付き合いなどでお酒を飲む機会の多い方は注意が必要です。アルコールは適量であれば精神的な緊張感をやわらげコミュニケーションを円滑にしてくれる素晴らしい飲み物ですが、習慣的に大量のお酒を飲み続けるとやがて自分の意志では酒量をコントロールできないアルコール依存症になる可能性があります。アルコール依存症は脳や精神に障害をもたらす疾患と定義することができます。通常では体内にアルコールがないのが当たり前ですが、日常的にアルコールを摂取し続けるとやがて脳は体内にアルコールのある状態が普通と認識するようになります。これは脳に恒常性と呼ばれる同じ状態を続けようとする働きがあるからです。そのため脳がアルコールに満たされているのが普通と判断するようになると血中アルコール濃度が下がるごとに手の震えや飲酒欲求などの症状が現れるようになります。これがアルコール依存症と呼ばれる病気です。

定期検査を受けよう

平野区の病院ではアルコール依存症を未然に防ぐ取り組みを行っています。アルコール依存症は飲酒習慣の改善で未然に防ぐことができる病気です。日常的な飲酒はアルコール依存症以外にも脂肪肝や肝硬変をはじめ肝がんや食道がんなど様々な病気のリスクを高めることが様々な研究からも明らかです。だからこそ飲酒をする方は病院で定期的にチェックを受ける必要があるのです。平野区の病院ではアルコール依存症のチェックを医師による診察や血液検査をはじめ厚生労働省が作成した問診票などを使って多角的に判断しています。血液検査ではガンマGTPやGOTなど様々な検査項目で肝臓機能をチェックします。またアルコール依存症チェックの問診票では飲酒量のチェックや飲酒による日常生活の変化などを客観的に調べることができます。このような検査を定期的に受けることで医師からの適切なアドバイスを受けることができるほか自ら飲酒習慣を見直すきっかけともなります。平野区で仕事などの都合で飲酒する機会の多い方は平野区の病院で定期的にアルコール依存症のチェックを受けるようにしましょう。